close
学生登録をする

レポート一覧

【1月27日(日)開催「シェアリングエコノミー×観光」】

2019年2月5日(火) 学科/コラボレーション授業

【1月27日(日)開催「シェアリングエコノミー×観光」】
1月27日(日)に開催した授業「シェアリングエコノミー×観光」についてのご報告です!最近よく耳にする”シェアリングエコノミー”という言葉。時代の流れと共に徐々に広まりつつありますが、具体的にはどんなものがあるのでしょう?Airbnb(エアビーアンドビー)、 Mercari(メルカリ)、Uber(ウーバー)…。皆さん、きっとどれか一つは聞いたことあるのでは?そう、これらは全部’’シェアリングエコノミー’’!実はとっても身近なものなんです。今回はそのシェアリングエコノミーの先駆者である一般社団法人シェアリングエコノミー協会の事務局長を務める佐別当隆志さんを講師にお招し最先端のハナシを伺いました!

授業では、現在日本にあるシェアリングエコノミーの紹介から始まり、それらの事例がこれからどんな形でビジネスに繋がっていくのかについて、お話ししていただきました。
”シェアするサービス”の例として、シェアハウスやカーシェアリング、レンタルバイクをはじめ、バッグ・洋服のレンタルサービス、レストランの共同運営、クラウドファウンディングなどがありますが、シェアするのはモノだけに限らず、空間やお金、スキルなどもその対象になるのだそう(!)
また、授業内で紹介された全国住み放題の定額制多拠点Co-Livingサービス「ADDress」には会場も驚き!家はひとつ、住所もひとつ、それが当たり前だった時代から、インターネットが生活のインフラになり、どこでも仕事ができるようになった今、これからは一軒のマイホームだけではなく、さまざまな地域にある家をシェアして暮らす時代がやってくる、というものです。自らのライフスタイルに合わせて地域や家を選び、お気に入りの場所で観光しながら働く、という時代がすぐそこまでやってきているのです!

そして「観光」という視点からみると、地元の人々にとっての「まちの暮らし」が立派な観光資源となることが多く、まちをひとつの宿として捉えたり、農業や漁業、伝統工芸などの体験を通して、そのまちで暮らすように旅するというトレンドが。そのため、地方の空き家や古民家にはそんな観光者・移住者が暮らすための物件としてのニーズがあるのだそう!
「竹を切って流しそうめんをする」「いちご狩りをする」。そんな地方の人々にとっての暮らしの一部が観光の需要でもあり、そんな地域の観光資源を情報発信やWEB上でのプラットフォームなどで上手くPRしていくことが、これからの「シェアリングエコノミー×観光」のキーワードになるとお話いただきました。

今回の講義には多くの人が集まり、授業後のQ&Aコーナーでは教室からたくさんの質問が!講師の佐別当隆志さん、授業に参加してくださった皆さま、ありがとうございました!

シェアエコ写真1
▲今回の講師の佐別当隆志さん。
シェアエコ写真2 - コピー
▲授業には唐津のさまざまな業種の方々が参加してくださいました!
シェアエコ写真3
▲授業後のQ&Aコーナーでは教室からどんどん手が上がり、盛り上がりました!

Writing:カラツ大学スタッフ 

【1月21日(月)開催「繋がるワークスペース、加速するまちの魅力」レポート】

2019年1月30日(水) 学科/コラボレーション授業

【1月21日(月)開催「繋がるワークスペース、加速するまちの魅力」レポート】
みなさんこんにちは。カラツ大学事務局です。1月21日(月)に開催した授業「繋がるワークスペース、加速するまちの魅力」のご報告です!
講師は、株式会社スマートデザインアソシエーション代表 須賀大介先生。『福岡移住計画』の立上げをはじめ、福岡市今宿のシェアオフィス『SALT』、コミュニティスペース『HOOD天神』、シェアオフィス『ダイアゴナルランTOKYO』など全国10拠点でシェアスペース事業を展開されています。今回は、人と人、人と地域を繋ぐ場所として注目される「ワークスペース」の可能性について伺いました。

震災を機に福岡に移住された須賀先生。実際に移住し、シェアオフィスを運営していく上で大切にしている考えを教えて下さいました。これからの時代は、個人のスキルが重要視され、暮らしと働き方の選択肢が増えていくと考えられています。「コワーキングスペース」は、価値観の近い人が出会える場。個と個が繋がり、新たな仕事が生まれる可能性を秘めているというお話をして下さいました。

また、これからは【移住者(風)×地元民(土)で共に創る】時代。“移住者だからこその視点”と“地域に根付いているからこそ提案できる価値”をコラボレーションさせることで、新たな発想が生まれるという考え方も。地方だからこそできるチャレンジ、そしてトライ&エラーを受け入れる土壌を作る大切さについても教えて頂きました。

唐津にもある「ワークスペース」の可能性について考える機会になった今回の授業。人と人との繋がりや地方創生のヒントを得ることのできる、有意義な時間となりました。講師の須賀先生、そしてご参加いただいた生徒の皆様、ありがとうございました!
ワークスペース写真1
▲今回の講師の須賀大介さん。
ワークスペース写真2
▲たくさんの方に参加していただきました!
ワークスペース写真3
▲今回は、唐津でコワーキングスペースをされている
唐津Switchの浦田さん、シェアオフィス唐津.comの宮崎さんにも参加して頂きました。

Writing:カラツ大学スタッフ 

【1月15日(火)開催!「Farmer’s School」at Odecafe -vol.5-」レポート】

2019年1月20日(日) 学科/コラボレーション授業

【1月15日(火)開催!「Farmer’s School」at Odecafe -vol.5-」レポート】
みなさん、こんにちは。本日は先日開催した「Farmer’s School」at Odecafe -vol.5についてのご報告です!毎日の暮らしを彩る四季折々の”おいしい”食材たち。そう、ここ唐津は’’食の宝庫’’。この「Farmer’s School」では唐津の生産者の方に先生としてお越しいただき、旬の食材の楽しみ方をレクチャーしてもらいます!知って楽しい、食べて嬉しい、毎日の食事がより豊かになる、食材に関するカジュアルなスクールです♪

Farmer’sSchool~vol5~(1月15日)の先生は、唐津市でトマトを生産されているトマト農家・アグリッシュの吉田章記さんとオデカフェシェフの原賢司さん!そして、コーディネーターに「めぐみの里」の宮崎能秀さんをお迎えして開催いたしました♪

佐賀県で初めて「アイメック農法」を取り入れ、唐津市でトマト栽培をされている吉田さん。「アイメック農法」とは、医療分野の技術をもとに開発された高分子フィルムを利用した世界初の農業技術で、土がいらない新しい栽培法なのだそう!授業では、農業経験ゼロから農業をはじめられた吉田さんのライフヒストリーをはじめ、その栽培法やこだわり、トマトにまつわるアレコレを「めぐみの里」の宮崎さんとともにお話いただきました。

そして、ホントに美味しい!と話題の吉田さんのトマトを使い、オデカフェの原シェフに実際に料理していただき実食!ご家庭で調理する際の簡単&おいしい特別レシピも伝授いただきました!

知って楽しい、食べて美味しい、Farmer’sSchool。講師の吉田先生、原シェフ、宮崎さん、そして授業に参加してくださった皆さま、ありがとうございました!第6回は2/19(火)に開催されます!詳細はイベントページをご覧くださいませ♪

51112798_2016539091793383_4247958655606980608_n
▲トマト農家の吉田さんと「めぐみの里」の宮崎さんを囲んで授業スタート!
50436428_2016539121793380_6397083548049735680_n
▲吉田さんが栽培したトマトなどを使用した、原シェフによる料理たち。
50872854_2016539195126706_1670351741062742016_n
▲原シェフによる料理の説明とレシピの伝授。

 

Writing:カラツ大学スタッフ 

【「ライティングスクール~SNSでまちの魅力を伝えよう!鏡篇~」レポート】

2018年12月28日(金) 学科/コラボレーション授業

【12月10日(月)・17日(月)開催!「ライティングスクール~SNSでまちの魅力を伝えよう!鏡篇~」レポート】
みなさん、こんにちは。12月10日(月)・17日(月)に二回連続授業でカラツ大学にて開催した「ライティングスクール~SNSでまちの魅力を伝えよう!鏡篇~」についてのご報告です!
たくさんの情報がSNSを通して広まる現代。LINE、Facebook、Twitter、InstagramなどのSNSで情報検索している人も多いはず。今回は現役ライターである池田愛子先生が、鏡校区のLINE@「Share!鏡」を題材に、文字数が限られたLINE@ならではの「短い文章」「読まれる文章」を書くコツをお伝えしてくださいました♪

第1回の授業では、ライティングを行うにあたってのキホン、「5W4H」のおさらいや、読みやすい文章と読みづらい文章のちがい、読み手のココロをつかむキャッチーな言葉・絵文字使いについてお話いただきました。そして、実際に鏡にまつわる記事を書いてみるという宿題が!
第2回では「読まれる文章テクニック」と題し、受講者から提出された宿題の文章を実際に添削。「読まれる」文章への変換のコツを具体的にしつつ、文章を修正していただきました!

今回、受講者の皆様が書いてくださった記事は、実際に鏡校区のLINE@「Share!鏡」で配信されています!授業に参加してくださった皆様、池田先生、本当にありがとうございました♪
来年も「学んで楽しい!」が詰まった、たくさんの授業を開催する予定ですので、お楽しみに!

49565613_306504159989867_529926890480205824_n
▲今回の「ライティングスクール」の講師は現役のライターでもある池田愛子先生。
48422516_592522634521174_7024803463720599552_n
▲第1回の授業では、「ライター」とは?文章のキホンとは?をテーマにお話いただきました。
48991611_358150038095845_6784447747987603456_n
▲第2回の授業では、実際に生徒の皆さんが書いた記事を添削!
49033082_302512567053775_2118814694054559744_n
▲Q&Aタイムでは、教室からもたくさんの質問が♪

Writing:カラツ大学スタッフ 

【「Farmer’s School」at Odecafe -vol.4-」レポート】

2018年11月21日(水) 学科/コラボレーション授業

【11月20日(火)開催!「Farmer’s School」at Odecafe -vol.4-」レポート】
みなさん、こんにちは。カラツ大学です。本日は先日開催したカフェ&バール オデカフェとのコラボレーション授業についてのご報告です!

毎日の暮らしを彩る四季折々の”おいしい”食材たち。そう、ここ唐津は’’食の宝庫’’。この「Farmer’s School」では唐津の生産者の方に先生としてお越しいただき、旬の食材の楽しみ方をレクチャーしてもらいます!知って楽しい、食べて嬉しい、毎日の食事がより豊かになる、食材に関するカジュアルなスクールです♪

Farmer’sSchool~vol4~(11月20日)の先生は、サツマイモ、里芋や今話題の菊芋などを生産されている池田英治さんとオデカフェシェフの原賢司さん!そしてコーディネーターに「めぐみの里」の宮崎能秀さんをお迎えして開催いたしました♪

農薬(特定農薬含む)、化学肥料、動物性堆肥、微生物資材を一切使用せず、畑や畦に生えてくる草や、山の落ち葉、自然栽培米の籾殻・米糠などを主に利用した栽培を行っておられる池田さん。授業では、その栽培方法へのこだわりをはじめ、八百屋さんでの野菜の選び方などなど、「めぐみの里」の宮崎さんとともにお話いただきました。
そして、池田さんが実際に栽培されている菊芋、さつまいも、里芋をオデカフェの原シェフに実際に料理していただき実食!ご家庭で調理する際の簡単&おいしい特別レシピも伝授いただきました!

知って楽しい、食べて美味しい、Farmer’s School。講師の池田先生、原シェフ、宮崎さん、そして授業に参加してくださった皆さま、ありがとうございました!

Farmer’s School at Odecafeの第5回は1/15(火)に、第6回は2/19(火)に開催されます!詳細はイベントページをご覧くださいませ♪

46498438_323766164886823_4952080576275283968_n
▲今回の講師の池田先生とコーディネーターの「めぐみの里」の宮崎さん。
46495732_1965191666932073_898612986317373440_n
▲原シェフによる料理の説明とレシピの伝授。
46504105_363908060676947_2792469972150910976_n
▲池田さんが栽培した菊芋、さつまいも、里芋をつかった原シェフによる料理たち。
46486090_1900511743402424_8802842434464645120_n
▲参加者からの質問にこたえる池田先生。

 

 

Writing:カラツ大学スタッフ