close
学生登録をする

レポート|通常授業|

「『片づけなさい!』と言う前に」

2018年4月17日(火) 学科/通常授業

【3月31日(土)開催!「『片づけなさい!』と言う前に」レポート】

みなさんこんにちは。カラツ大学事務局です。
佐賀県初の整理収納教育士・山﨑千寿さんによる、お片づけ講座「『片づけなさい!』と言う前に」を3月31日に開催いたしました!

「部屋がなかなか片付かない」、「収納スペースが足りない」、「毎朝、子どもを送り出すまでバタバタ!!」、「あれ、どこだっけ?探し物ばかり…」。そんな中で、ついつい子どもたちに対しても叱りがちになってしまってしまう、そんなお悩みを持つお母さん、お父さんも多いのでは?という先生の問いからはじまった授業。

今回のお片づけ講座では、①親が片づく仕組みをつくる、②できるまで子どもに寄り添う、③千寿先生の収納テクニックという3つのテーマのもと、山崎先生にお話しをしていただきました!

子どもたちとのお片づけのコツは「片づけなさい!」と言うのではなく、自発的にその気にさせてあげること。そのためには、「片づける」のではなく「もとに戻す場所」をつくり、それを守ることができるよう、子どもたちの気持ちを考えた仕組みづくり大事がなのだそう(!)
そして片づけ場所の収納についても、子どもたちの成長に合わせて「出す→使う→片づける」という行動をイメージし、子どもたちができるまで寄り添ってあげることが重要になると講義していただきました。最後には先生おすすめの絵本の朗読も!

ちょっとした気づきや工夫が、普段の生活をちょっぴり豊かに、そして楽しくしてくれる、そんな素敵な収納術を授業では伝授していただきました。講師の山﨑先生、そして授業に参加してくださった皆さま、ありがとうございました!

30070079_225351784872952_1608132008_o
▲今回の講師・佐賀県初の整理収納教育士・山﨑千寿先生。
22310423_1084365868367941_5562249335007543880_n
▲お片づけ講座の授業風景。
29995157_225351801539617_1773243071_o
▲事例を用いた収納術の伝授をはじめ、子どもの気持ちを知るための絵本の朗読も!

Writing:カラツ大学スタッフ 

「コトバから、売れるブランドづくりを考える」

2017年12月15日(金) 学科/通常授業

【「コトバから、売れるブランドづくりを考える」レポート】

みなさんこんにちは。カラツ大学事務局です。
本日は、12月5日(火)に開催した授業のご報告です!

商品のブランドづくりに興味があるけど、どうしたらいいかな。
デザインを良くしたら売れるって本当?
今回の授業は、ブランディングの基礎やコピーライトの基礎を学んで、
商品改善をしたり、良い広告やチラシをつくったりして、
沢山のお客様や参加者を巻き込むためのヒントを学ぶシリーズ講座でした。

シリーズ第2弾の先生は、後藤国弘さん。
TCC(東京コピーライターズクラブ)新人賞を皮切りに、日経広告賞優秀賞、グッドデザイン賞、毎日ファッション大賞話題賞など様々な受賞し、“編集”や“ライティング”によって、たくさんの商品やサービスを世の中に送り出してこられました。
今回の授業では、編集、ライティングなど、「コトバ」を通したものづくり、ブランディングについて講義をしていただきました。

「ブランドづくりとは、カッコいいものを作ることではなく、伝わるものを作ることです。」という先生の一言から始まった授業。
難しいコトバを、伝わりやすいコトバに言い換えてみたり、
一つの単語を、意味が広がるコトバに言い換えてみたり。
真新しいものを探すのではなく、自らの周りにある「いいところ」を見つけること、他との違いを見つけることといった、「あたりまえ」を見つめ直してみることが、ブランドづくりの基本になると教えてくださいました。
そして授業中に紹介される、先生がこれまで手掛けられてきた数々のコトバやキャッチコピーたちに、参加してくださった生徒の皆さんから「あ!知ってる!」というたくさんの声が聞こえる楽しい授業でした。

講師の後藤先生、そしてご参加いただいた生徒の皆様、ありがとうございました!

25440926_1544333872289050_552525557_o
▲シリーズ第2弾の先生は、後藤先生。

 

 25434211_1544333858955718_153298051_o
▲コトバを通したブランドづくりについてお話する先生。

25435205_1544333905622380_569424841_o (1)
▲見たことのある事例がたくさん(!)な今回の授業。生徒の皆さんからも次々に質問が。

Writing:カラツ大学スタッフ 

【「“らしさ”の伝え方 ーものづくりとデザインー」】

2017年12月15日(金) 学科/通常授業

【「“らしさ”の伝え方 ーものづくりとデザインー」レポート】

みなさんこんにちは。カラツ大学事務局です。
本日は、12月4日(月)に開催した授業のご報告です!

商品のブランドづくりに興味があるけど、どうしたらいいかな。
デザインを良くしたら売れるって本当?
今回の授業は、ブランディングの基礎やコピーライトの基礎を学んで、
商品改善をしたり、良い広告やチラシをつくったりして、
沢山のお客様や参加者を巻き込むためのヒントを学ぶシリーズ講座でした。

シリーズ第1弾の先生は、宮本統さん。フードコーディネート、グラフィックデザイン、マーケティングなどを専門分野に、様々な方面でご活躍中のプロフェッショナル。大阪府知事認定地域コーディネーターとしてもご活躍中です。
授業の冒頭には、あの有名な音楽と、お手製のヴァイオリンを取り出し、
某ヴァイオリニストのモノマネをしてくださるお茶目な一面も!笑

今回の授業では、“らしさ”の伝え方をテーマに、
「ブランディングとは何か?」という切り口から
ブランディングの意味と必要性・重要性をはじめ、ブランディングとマーケティングの違い、そしてブランディングとデザインの関係性について、誰もが見たことがあり、親しみある事例をもとに、ご説明していだきました。

“らしさ”を伝えるとは、ただ単にデザインをすることではなく、その価値を理解し、関わる人のその先まで考えることだという先生のお言葉に、今回参加してくださった皆様も深く頷かれていました。デザインとは何か、そしてブランディングとは何なのか。そのことを考えるきっかけとなる素敵な授業でした。

講師の宮本先生、そしてご参加いただいた生徒の皆様、ありがとうございました!

25434321_1544333922289045_876362578_o
▲シリーズ第1弾の先生は、宮本先生。

IMG_9302
▲「ブランディングとは何か?」という切り口からの授業に聞き入る生徒の皆さん。

IMG_9350
▲講義後には、たくさんの質問がでました!

Writing:カラツ大学スタッフ 

はじめてのエアレジ~電子決済も売上分析もこれで解決!!~

2017年9月28日(木) 学科/通常授業

【9月26日(火)開催!「はじめてのエアレジ~電子決済も売上分析もこれで解決!!~」レポート】

みなさんこんにちは。カラツ大学事務局です。「はじめてのエアレジ~電子決済も売上分析もこれで解決!!~」を9月26日に開催いたしました!

おそ松さんやユーリ!!! on ICEなど、佐賀発信の様々な取り組みがいま注目を浴び、盛り上がりをみせる佐賀県。最近、海外からのお客様が増えたけど、VISAや電子決済ができない、顧客マーケティングが必要だとわかっていても、どうすればよいかわからない、日々の売上や月次決算の分析をしっかりしたいなど、悩みや課題を感じられている事業者の方々を対象に、Airレジを通した課題解決法についての講座「はじめてのエアレジ~電子決済も売上分析もこれで解決!!~」を開催しました。

今回の講師は株式会社リクルートライフスタイルの武田寛枝先生、株式会社リクルートホールディングスの岡山悠太先生のお二人。今話題のAirレジを実際に操作しながら、電子決済システムの導入を通して、多様化する観光客のニーズに対応し利便性が向上することや、蓄積されたデータを分析することによって、観光客やインバウンドの新規・リピート客の確保、観光・買い物消費額 の増大へと繋がることをお話していただきました。
講師の武田先生、岡山先生、そして授業に参加してくださった皆さま、ありがとうございました!

IMG_8580
▲今回の講師・武田先生と岡山先生。実際にエアレジ(写真右)を操作しながらの授業。

IMG_8590
▲急増するインバウンドの傾向やエアレジの機能について説明。

IMG_8601
▲受講者からはエアレジを商店に導入したことを想定した質問が沢山でました!

Writing:カラツ大学スタッフ 

「今日から使える!おもてなし英会話」

2017年4月04日(火) 学科/通常授業

【3月23日(木)・30日(木)開催!「今日から使える!おもてなし英会話」レポート】

みなさんこんにちは。カラツ大学事務局です。
本日は、3月23日(木)・30日(木)に開催した授業のご報告です!

日本を訪れる外国人の数が年々増え、最高記録を更新し続けているなかで
唐津でも、唐津が舞台となった人気アニメ「ユーリ!!! on Ice」などの影響で
まちなかを歩く外国の方をよく見かけるようになった昨今。

そんななか問題となっているのが、お客様をおもてなしする側の英語力。

外国人のお客様に、お店に来てもらったのはいいけれど、
相手のほしいものが分からない。こちらがおすすめしたいものが伝えられない。
そもそも外国人のお客様が来店されただけで身構えてしまう!

今回はそんな、おもてなし英語でお困りのみなさんに、2回にわたる授業を行いました♪

第1回目は、現在注目を浴びている「インバウンドとは何か」や「英語の文法の基礎」についての簡単な説明から、「おもてなしフレーズ20選」の、発音・読み合わせ練習など、声に出してみることに重点を置いた授業となりました。

第2回目は、「英語らしく聞こえる!発音のコツ」を学んで、外国人の講師の方とともに実践練習。生徒のみなさんが、実際にご自分のお店で扱っている商品をもとに、接客のロールプレイを行いました。生徒の方からは、「お茶が甘くないことを説明するには、どう言ったらいいの?」といった質問から、「聖地巡礼は英語でなんて言うの?」といった、様々な筆問が飛び交い、英語を学びたい!唐津をアピールしたい!という生徒のみなさんの熱意あふれる活発な授業となりました。

ご参加いただいた生徒の皆様、ご協力いただいた講師の方々、ありがとうございました!

17499793_1301810686541371_354164495_o
▲第1回目は、英語の基礎と、読み合わせを中心に。
 IMG_7248
 ▲第2回目は、「英語らしく発音するためのワンポイントレッスン」。英語と日本語を話すときに吐く息の量の違いについて説明。
 IMG_7270
▲生徒の方に持ち込んでもらった商品をもとに、外国人の先生とロールプレイの様子。

Writing:カラツ大学スタッフ 

【8/6(土)開催!「カラツから世界へ。ゼロからはじめる『越境EC=海外向けネット通販』のすすめ。」レポート】

2016年8月19日(金) 学科/通常授業

インターネット上で商品を売るネット通販。
最近では、日本国内ではなく海外のお客に向けて販売をする 「越境EC(えっきょうイーシー)」が盛り上がりを見せています。
今回カラツ大学では、「越境ECに興味はあるけど、どうやって始めたら良いの?」という、初心者の方にもぴったりの授業を開催しました♪

先生は、海外向けネット通販事業で成果を挙げている、㈱アジアンドアの熊谷朋柔(くまがいともなり)さん。授業では、商品を売るネット上の市場への登録、海外への商品郵送のしかた、お金の受け取り方まで、越境ECの手順についてわかりやすく説明をしていただきました。

売れ筋の商品の例として挙げられていたのは、和風デザインの手ぬぐいや、地域伝統の焼き物。そして、普段スーパーやコンビニで目にするような駄菓子が、海外では意外と高値で売れる、という面白い例も。^^
日本文化を感じられる商品はやはり根強い人気があるそうで、海外で唐津焼が大人気になる日も近いかもしれません(!)

参加いただいた皆様のうち、約半数が国内ネット通販の経験者の方で、 最後の質問タイムは次々と質問が飛び交い、大盛り上がり! 授業の懇親会も開催され、参加者同士が交流できる有意義な時間となりました。講師の熊谷朋柔さん、参加してくださった皆様、ありがとうございました!

EC①
▲講師の熊谷さん。ユーモアを交えつつ、丁寧でわかりやすい授業をしていただきました。
IMG_5162
▲会場風景。みなさん熱心に講義を聴講してくださり、一生懸命メモを取っていらっしゃる方も。
EC③
▲授業終了後は懇親会。参加者同士でつながることができるのもまたカラツ大学の魅力です!

 

 

Writing:カラツ大学スタッフ 

「夏到来!自宅で楽しむ冷たいオリジナルほうじ茶のつくり方」

2016年7月25日(月) 学科/通常授業

【7/20(水)開催「夏到来!自宅で楽しむ冷たいオリジナルほうじ茶のつくり方」レポート】

唐津の老舗専門店・中川茶園さんで「夏到来!自宅で楽しむ冷たいオリジナルほうじ茶のつくり方」を開催いたしました。

先生は、お茶文化の普及に尽力されている店主の中川守さん。
中川茶園さまでの授業は2回目の開催となり、これからの夏の暑い季節にもぴったりの冷たいほうじ茶の作り方のポイントなどなど、普段の生活がもっと心豊かになるような魅力・知識がたくさんつまった授業を開講していただきました。

今回の授業では、お茶の種類や特徴についてまずレクチャーをしていただき、「あまみ・にがみ・うまみ」の3つのタイプの茶葉をフライパンを使って炒り、香りや見た目の変化を五感で楽しみながら、ほうじ茶づくりを実践しました。茶葉を炒ったあとは、自分好みの味をブレンドし、オリジナルほうじ茶の完成!今回特別に名前入りのオリジナルパッケージでおみやげにと中川茶園さまから粋なプレゼントで、参加者の皆さまにも大変喜んでいただきました。

そして、冷たいほうじ茶づくりの実践とポイントも分かりやすく説明いただき、これから夏に向けてますます自宅での楽しみが増えますね♪
中川茶園さま、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲茶葉を炒るタイミング、見極め、火の加減などによって香りや味わいが変化する茶葉。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲実際にフライパンを使って、自宅でも楽しめるほうじ茶づくりを伝授していただきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲カラ大生だけのとっておき!中川茶園さまから特別に名前入りのオリジナルパッケージで茶葉をプレゼントしていただきました。

Writing:カラツ大学スタッフ 

「唐津焼×多肉植物寄せ植えワークショップ」

2016年5月11日(水) 学科/通常授業

【4/29(金)・5/7(土)両日開催「唐津焼×多肉植物寄せ植えワークショップ」レポート】

やきもん祭り期間中の4月29日(金)・5月7日(土)に行った
唐津焼×多肉植物寄せ植えワークショップ。両日とも満員御礼での開催となりました!

今回のワークショップで寄せ植えする鉢植えは唐津焼!
中里太亀さん、土屋由起子さん、吉永サダムさん、坂田奈津美さんなど、
唐津焼作家の皆様から今回のワークショップのためだけに
特別に鉢植えをご用意していただきました。

授業の先生はガーデニングなどの分野で数々の賞を受賞し、
リリマヤガーデンをプロデュースされている永田綾子さん。

当日は鉢植えと多肉植物選びからスタート!
ぷくぷくと愛らしい姿が魅力的な色も形もさまざまな多肉植物と、
自分だけのとっておきを演出してくれる
唐津焼の素敵な鉢植え選びに参加者の皆様も夢中に♪

ぽかぽかと気持ちいいカフェのテラスにて
世界各地に1万種以上も分布しているという多肉植物についての特徴や
育成のコツなどを教えていただきながら、
自分の「好き」をめいっぱい詰め込んだ癒しづくりを行うワークショップとなりました。

鉢植えを提供してくださった唐津焼作家の皆様、先生の永田綾子さん、
まちの教室のオデカフェさん、参加してくださった皆様、ありがとうございました!

13124882_1601463856832806_9023501133254336675_n
▲ぷくぷくとした愛らしい姿が魅力的な多肉植物。13096029_1601463873499471_948612149452152737_n
▲唐津焼作家の皆様から今回のワークショップのためだけに特別にご用意していただいた鉢植え。
IMG_4926
▲オデカフェのテラスでの当日のワークショップの風景①OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲オデカフェのテラスでの当日のワークショップの風景②

Writing:カラツ大学スタッフ 

「唐津くんちのお守り リリアンストラップづくり」

2016年4月15日(金) 学科/通常授業

【3/20(日)開催 「唐津くんちのお守り リリアンストラップづくり」 レポート】

お子様から大人まで楽しめる体験授業、「コドモも楽しめる!カラユニ」。 今回は彩り豊かなおくんちのお守り、リリアンストラップ作りを手芸店やました・2代目店主の山下さんに教えていただきました。唐津くんちのときに曳子が身に着けるお守り「リリアン」。唐津では女性が巡行中の安全祈願の想いを込めて男性にリリアンをつくることも多いのだそう。

リリアンの特徴やお守りとしての役割などの説明を受けたあとは、早速リリアンの糸の色選びからスタートです。たくさんある色の中から自分だけのお気に入りを選び、先生にお手本をみせてもらいながら、力加減や糸の重なり具合などをみつつ、自分でしっかりとリリアンを編み上げていきます。最初はちょっぴり緊張していた子どもたちも、リリアンづくりがはじまるとその表情は真剣そのもの!ストラップが出来上がると、とびきりの笑顔を見せてくれました。

子どもの知的好奇心をくすぐる、ワクワクのつまった体験授業、カラユニ。
手芸店やましたさん、参加してくださった皆様、ありがとうございました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲おくんちのお守りリリアンの特徴やお守りとしての役割を教えていただきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲力加減や糸の重なり具合などをみつつ、ひとつひとつ丁寧にリリアンを編み上げていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲大人から子どもまで楽しめるリリアンストラップづくり。子どもたちも興味深々です。

 

Writing:カラツ大学スタッフ 

「自宅で楽しむオリジナルほうじ茶づくり」

2016年4月15日(金) 学科/通常授業

【3/23(水)開催 「自宅で楽しむオリジナルほうじ茶づくり」 レポート】

唐津の老舗専門店・中川茶園さんで「自宅で楽しむオリジナルほうじ茶づくり」を開催いたしました。先生は、お茶文化の普及に尽力されている店主の中川守さん。中川茶園のお茶は、しっかり育った茶の葉を厳選しており、自慢のほうじ茶は一番茶を使用した自家焙煎!その香り高さとほのかな甘さが特徴です。

今回の授業では、お茶の種類や特徴についてまずレクチャーをしていただき、「あまみ・にがみ・うまみ」の3つのタイプの茶葉を試飲!そしてフライパンを使って、実際に茶葉を炒り、ほうじ茶づくりを実践しました。茶葉を炒ったあとは、自分好みの味をブレンドし、オリジナルほうじ茶の完成!今回は特別に名前入りのオリジナルパッケージでおみやげにとプレゼントしてくださいました。

茶葉や煎れ方によって香りや味わいが変化するお茶。茶葉を炒るタイミング、見極め、火の加減など、授業ではご自宅で簡単に楽しめる美味しいほうじ茶づくりのコツを伝授していただきました。中川茶園さま、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲お茶の種類や特徴について中川茶園店主の中川守さんがレクチャー。OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲茶葉を炒るタイミング、見極め、火の加減など、フライパンを使って茶葉を炒るコツを伝授。OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲煎れ方によって香りや味わいが変化する茶葉。

Writing:カラツ大学スタッフ 

「城下町巡り+歴史的建造物で薬膳鍋料理」

2016年4月11日(月) 学科/通常授業

【3/21(月・祝)開催「城下町巡り+歴史的建造物で薬膳鍋料理」レポート】

3月21日(月・祝)に開催した「城下町巡り+歴史的建造物で薬膳鍋料理」。
当日は唐津出身であの東京駅の建築家、
辰野金吾が監修した「旧唐津銀行」に集合し、まちあるきがスタート!

唐津を知り尽くしたまちなかガイドクラブのガイドさん付きの城下町巡りでは、
桜並木の川べりや石垣のそばを歩く事で、もうすぐ訪れる春と
唐津の城下町の風情を感じながら歴史やトリビアを学んでいただきました。

水野旅館に到着すると、400年以上前に名護屋城から移築された門がお出迎え。
漢方専門薬局で働く薬剤師の入江先生が、今回特別にご用意いただいたお食事にブレンドされた
生薬(しょうやく)の効能についてレクチャーしてくださいました。
お食事は、春の香りと唐津の旬の食材をふんだんに使った、薬膳リラックス鍋付きの水野旅館特性・薬膳料理。
春ならではの白魚の踊り食いに、お抹茶&お菓子までついていて大満足♪

唐津を五感で感じ、薬膳を美味しく学んだあとは、海を眺めながら身も心もリラックス!
ちょっぴり贅沢な唐津での春の過ごし方を体験していただける授業となりました。
ご協力いただいた皆様、参加者の皆様、ありがとうございました!IMG_1887
▲唐津を知り尽くしたまちなかガイドクラブのガイドさん付きの城下町巡り。
IMG_1941
▲春の香りと唐津の旬の食材をふんだんに使った、薬膳リラックス鍋。
IMG_1918
▲漢方専門薬局で働く薬剤師・入江先生による生薬(しょうやく)の効能についてレクチャー

Writing:カラツ大学スタッフ