ニュース

月別アーカイブ

唐津シネマの会コラボ企画!2/5(日)開催・映画「まなざし」上映会&トークイベント!

2017年1月31日(火)
カラ大HP_まなざし(改)

【唐津シネマの会コラボ企画!2月5日開催・映画「まなざし」上映会&トークイベント】
みなさん、こんにちは。カラツ大学事務局です。
2月5日(日)に唐津シネマの会とコラボレーションし、授業を開催いたします!誰にでも訪れる「老い」と「死」。そして高齢化社会を迎えた今、「介護」は皆が経験する可能性のあることです。映画『まなざし』は、寝たきりの父を介護する娘や繰り返される厳しい日々を通して見える家族の絆や希望を描きます。

授業当日は、映画「まなざし」の監督、ト部敦史さんをお迎えして、撮影秘話やなぜ今「介護」なのかということについてトークイベントも開催。唐津で介護のプロフェッショナルとして活動されている皆さんと共に、介護のイマや未来について見つめます。
今回、上映会&トークイベントは、2月5日(日)の10時~と14時~の2回開催。
授業では、唐津の介護サービスの情報もご提供。ご興味のある方はぜひぜひ、ご参加くださいませ!
◆上映作品:『まなざし』(2015年/93分/監督:卜部敦史)
ある事件で服役していた父。父は長い受刑生活の中で寝たきりになっていた。
事件の影響から父を憎んでいた娘だったが、出所した父の介護を迫られる。
人間なら誰しもに訪れる「老い」と「死」。その淵に立つ親子の姿は、観る者すべてにいつか来る“その日”の存在を否応なく突きつける。相容れることの無かった父と娘の「まなざし」が重なるとき希望の光が見えてくる。
◆トークイベント:撮影秘話・なぜ今「介護」なのか
ゲストに映画「まなざし」の監督:ト部敦史さんを迎え、
唐津で介護に携わるみなさんと共に、介護のイマや未来について語り合います。
★トークイベントには、唐津の介護サービスのプロの皆さんも参加!!★
認知症の共同生活の場であるグループホーム、その人に合わせた柔軟なサービスが提供できる小規模多機能、アットホームな宅老所、様々なサービスが豊富な有料老人ホーム・・・。トークイベントには、現場の第一線で活躍する皆さんも参加。それぞれの「まなざし」で唐津の介護の最前線を語ります!介護に興味のある方、不安や悩みを抱えている方、どなたでも気軽にご参加いただけます!
■授業詳細・申込はこちらから
日時:2017年 2月5日(日)
・上映①10:00~11:35トークイベント11:50~12:50
http://karatsudaigaku.com/class/509/
・上映②14:00~15:35トークイベント15:50~16:50
http://karatsudaigaku.com/class/512/
■所要時間:約3時間
■参加料:1000円(税込)※要予約(学生500円/未就学児無料)
■まちの教室:オーテホール(大手口センタービル3階)
■まちの先生:卜部 敦史 [映画監督]
■定員:100名
■対象:年齢制限なし
■申込締切:開催日の前日まで
■上映共催:看護小規模多機能むく(2017年4月サービス開始予定)
▼カラツ大学FBページはこちらから↓
https://www.facebook.com/karatsudaigaku/
▼カラツ大学の学生登録はこちらから↓
http://bemss.jp/karatsudaigaku/
▼カラツ大学事務局【いきいき唐津株式会社内】
佐賀県唐津市刀町1512−3
第3MSビル1F(平日9:00−18:00)
TEL:0955−72−3278
FAX:0955−72−3288
MAIL:info@karatsudaigaku.com